第2回校外臨床実習

7月12日(火)に高等部専攻科保健理療科・専攻科理療科3年生が、立山元気交流ステーションにて校外臨床実習を実施しました。
施術を希望された利用者の方から、肩こり・腰痛などの症状や身体の状態について話を聞き、30分間のあん摩施術を行いました。
校内での臨床実習とは異なる環境での施術に緊張の面持ちだった生徒たちは、施術を受けてくださった方からの「気持ちよかった」「楽になりました」などの感想の言葉に、ほっとした笑顔を見せていました。

利用者にあん摩施術をする生徒

また今回は、本校の理解啓発活動の一環として、高等部理療科について紹介するパネルを掲示しました。利用者の方々は興味深く読んでくださり、校内で実施している臨床実習に関心を示される様子もみられました。

高等部理療科の紹介パネル

進路懇話会

今年度は本校理療科の卒業生を招いて、7月15日(金)に高等部普通科2,3年生、理療科生を対象に進路懇話会を開催いたしました。

本校卒業生で現在治療院を開業されている方と整形外科医院に勤務されているお二人から、在学中に経験しておくと良いことや、開業や勤務してからの様々な体験談について話をしていただきました。生徒からは開業に向けての準備や患者さんとの接し方等について、積極的な質問がありました。生徒それぞれの進路選択や社会自立を見据えた大変良い機会となりました。

講師の写真

「南極の氷」贈呈式

12月7日(月)5時間目に、海上自衛隊の南極観測支援による砕氷船「しらせ」が持ち帰った「南極の氷」の贈呈式がありました。

南極の氷をもらっているところ。

南極の説明や砕氷船2代目「しらせ」について、講演がありました。

講演のようす

氷を割っている様子

講演の後に、南極の氷を触ったり、紙コップに入った氷に耳を澄ませ、2万年前の氷が溶ける音を聞いてみました。
炭酸水が小さく弾けるような音がしました。

氷を触っている様子

氷の溶ける音を聞いている様子

日常生活では、触れることのない物に触れ、生徒たちにとって貴重な経験ができたと思います。

 

 

理療科進路懇話会

今年度も10月16日(金)に、現在治療院を開業して活躍中の本校理療科卒業生を講師としてお招きして進路懇話会を開催しました。和やかな雰囲気の中、理療科生徒及び職員を対象に、本校での思い出や治療での体験談等についてお話いただきました。その中で「治療成果が出なければ、患者様は納得しない。」という厳しいけれど心温まるエールを送っていただきました。生徒達は、今後の学校生活や社会自立に向けての参考にするため、熱心に聞き入っていました。積極的な質問等もあり、大変良い学習の場とすることができました。

講演を聴いている様子

臨床実習再開のお知らせとご協力のお願い

長らく実施を見合わせておりました外来臨床実習を11月より段階的に再開いたします。新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組みながら行ってまいります。みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

受付開始:10月26日(月) 午前9:00~

詳しくは、『外来臨床実習の紹介』のページをご覧いただき、臨床実習担当者まで電話(076-423-8417)でお問い合わせください。

 

第1回キャリア教育・就労支援ネットワーク会議

7月30日(火)に第1回キャリア教育・就労支援ネットワーク会議を行いました。全体会では、昨年度卒業生の進路状況、本年度卒業生の進路希望について報告の後、「本校の進路(就労・生活)支援の課題」をテーマに分科会を行い、3名の外部専門委員を含めて意見・情報交換を行いました。

夏季休業中に行われたために会議には専攻科生徒2名も参加し、就労支援事業所や福祉サービス利用の現状や課題、鍼灸マッサージ治療院の経営などについて深い協議がなされました。これらの内容を今後の進路指導に生かしていきたいと思います。

全体会
全体会
分科会
分科会

第1回 進路学習会

6月19日に進路学習会が本校で開催されました。第1部は、本校卒業生の音楽家、勝島佑太氏を講師に、演題「私と音楽活動」、第2部は、一般社団法人ガチョックの精神保健福祉士、澤田啓輔氏を講師に、演題「卒業後の進路と生活」を本校生徒が聴講しました。

第1部では、「ありがとうの気持ちを大切に」や「いろいろなことにチャレンジして、自分の可能性を見つけてほしい。」と生徒へのメッセージが送られました。

第2部では、卒業後のサポート先や支援内容について説明を受け、生徒は就労後の自分の姿を思い浮かべ、どのような支援が受けられるのか具体的に考えました。

講演「私と音楽活動」  講演「卒業後の進路と生活」

理療科特別講演会

11月15日(木)に理療科特別講演会を行いました。今年度はホリスティックヘルス大谷治療院(東京都)の院長である大谷素明先生を講師にお招きし、「腰椎・骨盤の診かた」をテーマに講演していただきました。
腰痛の原因となる腰椎・骨盤の傾きと筋肉との関係について、視覚障害者にも分かりやすい表現を用いた説明や、実際に体を動かし生徒の手を取っての実技指導により、体験的に学び知識の幅を広げることができました。
今回学んだ内容を、今後の学習や施術に生かしていきたいと思います。

骨盤について説明する大谷先生

第1回就労支援ネットワーク会議

7月13日(金)に第1回就労支援ネットワーク会議を行いました。
会議では、昨年度卒業生の進路状況、本年度卒業学年の進路希望についての報告がありました。
その後、3名の外部専門委員とグループ毎に
①学校と医療・福祉分野の連携
②障害者の就労における課題
③鍼灸マッサージ師会の就業体験生受け入れ など
について情報・意見交換を行いました。これらの内容を今後の進路指導に生かしていきたいと思います。

会議写真

平成30年度 マナーアップ講習会

6月20日(水)にマナーアップ講習会が開催されました。富山障害者職業センター主任障害者職業カウンセラーの中村孝志氏を講師に、「就職に向けて準備をしておきたいこと」の演題で、高等部普通科と専攻科の生徒が聴講しました。
就職に向けて、企業(社会)と生徒の仲立ちをしてくれる労働・福祉の制度やサービスの紹介、利用方法について詳しい話がありました。
生徒から活発な質問もあり、卒業後の社会生活や就労への関心を高めることのできた講習会となりました。